シジミ エキス 青汁と海の幸「山海青汁」
青汁と海の幸「山海青汁」

イメージ

シジミ エキス

1)日本で採れるシジミの種類

イメージ みそ汁の具としてもよく見かけるシジミは、私たちにとって馴染みの深い貝類のひとつ。

このシジミには国内と海外のシジミがあり、国内のものはヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミの3種類。

外国のものでは、タイワンシジミがよく出回っています。

約99%以上の国内産がヤマトシジミといわれていますが、主な原産地は北海道をはじめ、青森県、島根県など。

30〜35mmほどの小さなつぶにもかかわらず、私たちに欠かせない栄養素がギッシリとつまっているのです。

 

シジミの栄養成分

2)オルニチン・タウリンがたっぷり!シジミ成分と効能

イメージでは、この小さなシジミにはいったいどんな成分が含まれているのでしょう。

しじみの栄養素でまっ先に取り上げたいのがオルニチンとタウリンです。

このオルニチンとタウリンは、私たちの肝臓の働きをサポートする作用が期待できるもの。

ここでは、その働きをいくつかご紹介します。

■オルニチンがもたらす作用

・疲れを解消!・・・オルニチンにはアンモニアを分解する力があり、だるさや疲労回復にもおススメ。

・二日酔い解消に・・・体内でのアセトアルデヒドの分解をサポートすることで、二日酔いになりにくい。

・新陳代謝を活発に・・・筋肉の発達を助けて新陳代謝を上げるため、成長ホルモンにも働きかける。

■タウリンがもたらす作用

・肝機能の働きに・・・胆汁酸の分泌を促進させ、アルコールの分解をサポートをすることも。

・血圧を下げる・・・交感神経は刺激により心拍の動きが速くなり、血管を収縮させますが、これが血圧上昇のきっかけに。交感神経を抑える働きをするタウリンをとることで血圧を下げる効果も。

・血糖やレステロールに・・・コレステロールを排泄させる働きを持つ胆汁酸。コレステロールが溜まると、胆汁酸の動きが鈍り血糖値も上がる傾向に。タウリンを補う事で胆汁酸の分泌が増え、血糖値も下がる期待も。

その他にも、シジミにはビタミンB群、鉄分、カルシウム、亜鉛など、私たちに必要な成分が含まれています。

 

見出し(H4)

3)シジミ成分の上手な採り方

パワーいっぱいのシジミですが、ご存知のとおり一つひとつは小さなもの。

殻を取り除けば、重さは約0.8gですから、成分をしっかり補うためには1日あたり250粒ものシジミを毎日食べなくてはなりません。

そこでおススメなのが健康食品です。

最近では、沢山のメーカーでの製品が発売されていますが『山海青汁』には、シジミの成分以外にも、私たちの生活に必要な成分がたっぷり。

日ごろお酒を飲む機会が多い、残業続きで疲れがとれない…といった皆さま。さっそく『山海青汁』を習慣化してみてはいかがでしょう。

「山海青汁」のご注文はこちら




代理店募集スタートしました。

代理店になって自分で購入すればとてもお得

ほかにもお得がいっぱい

<今がチャンス!!>

早く始めれば始める程、大きなリターン

募集はいつまでかわかりませんのでお早めに

お申し込みはこちら


 

▲PageTop