コンドロイチン 青汁と海の幸「山海青汁」
青汁と海の幸「山海青汁」

イメージ

コンドロイチンとは

▼日本産フカヒレ軟骨100%粉末■無料サンプルあります■
【フカヒレ コンドロイチン(50g/約100...

1)身体になくてはならないコンドロイチン

イメージ 以前からよく耳にするようになった『コンドロイチン』は、ギリシャ語で「軟骨」という意味。

名前のとおり、私たちの関節部でクッションのような役割を果たしてくれる成分で、肘や膝の3分の1以上に、このコンドロイチンが使われています。

私たちの体内には産まれた時からコンドロイチンがありますが、年を重ねるにつれ減少していく傾向があります。

ピークは20歳で、60歳にもなると体内でのコンドロイチンは4分の1にまで減ってしまいます。

では、いったいコンドロイチンが少なくなると、私たちの身体にどんな変化がおこるのでしょうか。

先ほども述べたように私たちの関節でクッションの役割を果たしているコンドロイチン。

年を重ねることに減るということは、当然ながら軟骨は減っていく傾向にある…というわけです。

年を取ると階段の上り下りや正座がつらい、痛みが走る…、などといった関節痛が発症することがありますが、多くはコンドロイチン不足による軟骨のすり減りが原因。

さらに、肌の水分を保つ働きや弾力性を維持する作用も備えていますから、コンドロイチンが減ることは肌のたるみや皺などの原因にもつながります。

 

コンドロイチンの期待できる効果

▼日本産フカヒレ軟骨100%粉末■無料サンプルあります■
【フカヒレ コンドロイチン(50g/約100...

2)コンドロイチンが含まれる食材

イメージ 年齢を重ねるのは誰もが避けて通れないことですが、コンドロイチンを含む食材は意外に多く、これらを積極的に摂ることで体内のコンドロイチンを補う事ができます。

代表的な食材はフカヒレですが、野菜類では長芋やオクラ、ナメコなどのネバネバした食材に多く含まれます。

実はこのネバネバの正体はムコ多糖類と呼ばれ、体のあらゆる動きを円滑にする潤滑油のようなもの。

ムコ多糖類が含まれるコンドロイチンを摂取することで、関節痛をはじめ以下のような症状にも働きかけることが期待できます。

○ 動脈硬化の予防

○ 乾燥肌の改善

○ 心筋梗塞の予防

○ 骨粗しょう症などの改善

○ 目の老化防止

………など。

 

コンドロイチンを含むサプリメント

▼日本産フカヒレ軟骨100%粉末■無料サンプルあります■
【フカヒレ コンドロイチン(50g/約100...

3)上手に摂るには、やはりサプリメント

このように私たちの体内には欠かせないコンドロイチンは、20歳を過ぎたら積極的に補充していくことが大切です。

平均的な成人の場合必要とされる量は1日1500mgといわれています。

先ほどもご紹介したフカヒレや長芋などを摂取するのも大切ですが、毎日となると、けっこう大変かもしれません。

そこでおススメしたいのが、健康食品でのサポートです。

とくに『山海青汁』には、コンドロイチン以外にも、生活習慣病が気になる現代人のための理想的な栄養素がたっぷり。

これからの時代を元気に生きぬくために、ぜひお役立てください。

「山海青汁」のご注文はこちら




代理店募集スタートしました。

代理店になって自分で購入すればとてもお得

ほかにもお得がいっぱい

<今がチャンス!!>

早く始めれば始める程、大きなリターン

募集はいつまでかわかりませんのでお早めに

お申し込みはこちら


 

▲PageTop